過払い金返還請求は弁護士・司法書士でなくても自分で手続きできる

過払い金返還請求自分で

 

過払い金返還請求は弁護士でも司法書士でもどちらにも依頼することができます。

 

 

過払い金返還請求に関しては自分でも手続きをすることができますが、個人的には弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼したほうがいいと考えます。

 

過払い金返還請求を法律事務所に依頼すると依頼料金がかかるので、それを嫌って自分で手続きしようとする人がいますが、失敗する人が多いです。

 

自分で過払い金返還請求するのはリスクが高い

 

過払い金返還請求は単純に書類作成して送付すればいいというものではなく、金融業者と交渉して和解成立させてお金を取り戻す必要があります。

 

しかし素人がプロの金融業者を相手にお金の交渉をして、まともな結果を出せると思いますか?

 

あなたが金融関係の仕事をしていて、交渉に慣れているなら自分でやるのもいいかもしれないですが、素人がやると、相手にされず、最悪の場合は訴訟になる可能性があります。

 

訴訟になったらさすがに自分だけで対応するのは難しいので、結局弁護士などに依頼することになります

 

そもそも過払い金返還請求が素人が簡単に手続きできるようなものだったら、法律事務所がテレビCMで過払い金返還請求の宣伝をするわけないんですよね。

 

手続きが複雑で難しく、弁護士や司法書士でないと対応するのが難しいから宣伝しているわけです。

 

では弁護士と司法書士では過払い金返還請求でどのような違いがあるのでしょうか?

過払い金返還請求での弁護士と司法書士の違い

過払い金返還請求弁護士司法書士違い

 

過払い金返還請求を法律事務所に依頼する場合に、弁護士と司法書士のどちらも手続きに対応していることから、どちらに手続きを依頼したらいいのかわからないという悩みを持つ人は多いです。

 

ではそもそも過払い金返還請求での弁護士と司法書士にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

過払い金返還請求での弁護士と司法書士の違い

 

・司法書士は過払い金に140万円の限度額がある
・司法書士は訴訟になったら対応することができない
・依頼料金は弁護士と司法書士で実は違いがない

 

司法書士は過払い金に140万円の限度額がある

 

過払い金返還請求を司法書士に依頼する場合の盲点として、1社あたりの過払い金の金額が140万円を超えるような案件の場合は司法書士では対応できないという決まりがあります。

 

弁護士の場合は金額の制限なく過払い金を請求することができることから、これが一番の弁護士と司法書士の違いなのではないかと思います。

 

そのため過払い金額が140万円以下で少額の場合は司法書士に依頼しても問題ないですが、過払い金額が140万円を超えそうな場合にだと、司法書士では対応できないため弁護士に依頼する必要があります。

 

あらかじめ弁護士などの無料相談を利用して過払い金額がどれくらいになりそうかチェックしてからどちらに依頼するか決めるといいです。

 

司法書士は訴訟になったら対応することができない

 

過払い金返還請求では必ずしも交渉が上手くいくとは限らず、場合によっては交渉で和解することができずに訴訟になってしまうこともあります。

 

ただ司法書士では簡易裁判所までなら対応することができますが、控訴審になってしまった場合だと司法書士では訴訟代理をすることができないので、訴訟代理が可能な弁護士にあらためて依頼しなおさなくてはいけない事態になる可能性があります。

 

過払い金の金額が大きいと、金融業者の方の抵抗も激しくなるので訴訟になる可能性が高くなり、司法書士では対応できない事態になる可能性があります。

 

依頼料金は弁護士と司法書士で実は違いがない

 

債務整理手続きに関しては全体的に司法書士事務所の方が安いので、過払い金返還請求も司法書士の方が安いと思っている人も多いです。

 

上記を見ると、司法書士の方が弁護士よりも手続き面で制限があることから何となく依頼料金が司法書士の方が安いのではないかと思い込んでいる人は多いです。

 

実際に、任意整理や個人再生、自己破産では司法書士には手続きに制限がある代わりに、依頼料金が安いという実例があります。

 

ただ過払い金返還請求に関しては弁護士でも司法書士でも依頼料金がほぼ同じです。

過払い金返還請求は弁護士に手続きを依頼したほうがいい

過払い金返還請求弁護士

 

過払い金返還請求の弁護士と司法書士の違いを比較すると、明らかに司法書士よりも弁護士事務所に依頼したほうがいいということがわかると思います。

 

過払い金の140万円までの制限によって、過払い金額が大きそうな人は弁護士一択になりますし、訴訟リスクなどを考慮すると、司法書士に依頼する理由はないですね。

 

これで依頼料金が司法書士の方が安い場合には、司法書士を利用することも考えることができるのですが、過払い金の報酬が弁護士と司法書士で違いがないなら、手続き制限で不利な司法書士を利用する理由はまったくなくなります。

 

過払い金返還請求の弁護士と司法書士の報酬額比較

 

過払い金回収状況 弁護士の依頼報酬 司法書士の依頼報酬
訴訟なしで回収できた場合 20% 20%
訴訟によって回収できた場合 25% 25%

 

どちらも成功報酬で、戻ってきた過払い金の割合によって報酬が決まります。上記のようにどちらも通常は20%で訴訟になった場合は25%になります。

 

事務所によっては事務手数料などが必要になってきますが、それは弁護士でも司法書士でも法律事務所によって違うので除外しています。

 

こんな感じで依頼料金がほぼ同じで手続き条件が弁護士の方が有利なら、弁護士に依頼するのが正解だと思います。

過払い金返還請求の無料相談は弁護士・司法書士好きな方を利用しよう

過払い金返還請求無料相談

 

過払い金返還請求の手続きに関しては司法書士よりも弁護士の方がメリットが大きいですが、無料相談で過払い金返還請求を含めた借金問題について相談するなら弁護士でも司法書士でも好きな方に話を聞くといいと思います。

 

ただ過払い金返還請求は早めに対応したほうがいいと思います。過払い金には時効がありますが、それ以外にも対象の金融業者が潰れてしまっていては請求することができないです。

 

金融業者が破綻していたら過払い金は請求できない

 

取り戻す先の金融業者が破綻してしまってはどうしようもないので、取り戻すことは不可能です。大手の金融業者ならいいですが、中小の金融業者の場合だと、過払い金請求のせいで、経営が傾いてしまって倒産するということもありえます。

 

そういったことも想定すると、できるだけ早めに過払い金を請求するべきだということが理解できるのではないでしょうか。

 

とりあえずは過払い金があるかどうかということだけでもチェックするといいと思います。

 

当サイトのランキングでは過払い金返還請求を含めた債務整理手続きに強い法律事務所をランキング形式で比較しているので参考になると思います。

 

またランキングの法律事務所は全国対応で無料相談にも対応していることから、過払い金返還請求を考えている場合にも利用できます。

 

都道府県別債務整理対応法律事務所ランキング
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県