転職に成功すればいいが失敗すると借金返済行き詰る可能性がある

転職借金返済

 

借金問題を抱えている状況で転職すると、人によっては給料が上がって返済能力が上がり、借金返済の負担が軽くなる可能性がありますが、一方で転職に失敗して給料が下がってしまったら、借金返済の余力がなくなってしまって借金返済できないという状況になってしまう可能性があります。

 

終身雇用が崩壊してしまった現在では転職するのは当たり前の時代になってきているので、借金返済している途中でやむを得なく転職する事情ができてしまったという方もいると思います。

 

そうした場合に借金を滞納していたり、借金を整理するために債務整理手続きをしていたり、債務整理しようとしていた場合に転職にどのような影響が出るのかをわかりやすく解説しています。

 

転職は自身の収入に直結する非常に重要な決断なので、そのことが借金があることによってどのように影響されてしまうのかわかりやすくまとめています。

 

借金があると転職に不利になる可能性はあるのか?

転職借金不利

 

借金返済したいけど給料が足りなくて返済難しいという状況になりそうだったら、将来の借金返済のために給料の高い職業に転職しようと思うこともあると思います。

 

また仮に借金がそこまで大きな額ではなかったとしても、老後などを考えてできるだけ給料の高い職業に就けるなら就きたいと思うのは当然のことだと思います。

 

そこで気になるのが「借金があると転職に不利になる可能性はあるのか?」ということだと思います。

 

転職の際に借金の調査をされる可能性はある?

 

そもそも転職する際にその人の借金履歴が調査されるのかということことです。結論を言ってしまうと転職してきた方の借金履歴をいちいち調べるということはしないと思います。

 

ただそれはあくまでも一般の職業のことで、銀行やサラ金、カードローンなどの貸金業者や警備、法律、現金輸送、経理を含めたお金が関わるような仕事をしている場合には借金調査がされる可能性がないとは言い切れないです。

 

お金が関わる仕事だと借金でお金に困っている人を雇うのはリスクになるので、借金調査したとしても合理性はあります。これらの仕事に転職するなら借金問題を抱えていることが転職に不利になる可能性はあります。

 

ただ住宅ローンは自動車ローンなどの一般的にも普通にありそうな借金ならそこまで不利にはならないと思います。借金額や借金内容によって評価は変わってくるので全ての借金が転職に影響するというわけではないです。

 

信用情報がブラックの場合は注意が必要

 

転職する際に借金を滞納していて信用情報がブラックになってしまっている場合には転職に影響はあるのでしょうか?

 

信用情報は借金の履歴のようなものなので、信用情報を見ると借金問題を抱えているかどうかがわかってしまいます。実際に信用情報はがブラックだと、新規の融資を受けて入れてくれなかったり、クレジットカードが作成できないなどのデメリットが多数生じることになります。

 

ただ全ての企業が信用情報をチェックできるというわけではないのでそこまで気にする必要はないと思います。

 

しかし銀行やローン会社、サラ金などの消費者金融などの信用情報機関に入っていて利用することが多い職種に関しては、借金問題を抱えている方は敬遠される可能性があるので注意が必要です。

 

ただ企業が転職者にについて、わざわざ信用情報をチェックして借金履歴を調べるかどうかは何ともいえないです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

転職前に借金を債務整理で整理する方法もある

転職債務整理

 

転職前に借金を完済できれば転職への悪影響を排除することができるので、転職成功につながる可能性は高いですが、簡単に借金返済できるのかという問題もあります。

 

そこでどうしても借金完済が難しいような状況なら債務整理を利用して借金返済の負担を軽くするということも考えてはどうでしょうか?

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、それぞれ借金負担を軽くしてくれるので、転職前に借金を整理たいと考えているなら検討する価値は十分にあると思います。

 

任意整理

 

任意整理は債務者が金融業者などの債権者と交渉して、借金の利息を免除してもらったり、毎月の借金返済額を小さくしてもらうという債務整理方法で、依頼する債務者側は基本的に弁護士や司法書士に手続きを依頼するというのが一般的です。

 

任意整理はどちらかというと借金額が小さい方向けの債務整理方法で、裁判所が関わらない債務整理方法ということもあり、家族や会社に内緒で手続することができるというという特徴があります。

 

そのため仮に任意整理したとしても転職先の企業に任意整理したことが知られるという可能性はかなり低いと思います。家族や会社に秘密にして借金を整理したいということなら一番の利用候補になる債務整理方法です。

 

便利でデメリットの小さい債務整理方法ですが、借金の減額幅はそこまで大きくないので、借金額が大きい方は利用に注意が必要です。

 

参照:任意整理の詳細情報

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、任意整理と比べると圧倒的に手続きが複雑な面倒な債務整理方法です。ただ任意整理とは違い、借金の利息だけでなく借金の元本もしっかりと減額することができ、最大で借金を10分の1まで減らすことも可能です。

 

そのため借金額が大きい方でも個人再生を利用することによって大幅に借金を減額することができ、借金を早期に完済できるききっかけをつかむことができると思います。

 

ただ個人再生を利用すると政府が発行する機関誌である官報に名前が載ったりするので、官報を見ている企業には個人再生したことを知られてしまう可能性があります。

 

また裁判所で行う債務整理方法で手続き期間も半年近くかかる可能性のある債務整理方法なので、家族に秘密にして手続きすることも難しいという問題もあります。

 

ただ官報を見ている企業は少ないので、家族に個人再生のことを知られる可能性はありますが、転職先の企業などに個人再生のことを知られる可能性はそこまでた高くないかと思います。

 

参照:個人再生の詳細情報

 

自己破産

 

自己破産は言わずと知れた最強の債務整理方法で、裁判所が免責を認めてくれれば借金返済の義務がなくなるため、借金返済が難しい状況になってしまい、完済の見込みがない場合には自己破産することによって借金問題を清算することができます。

 

自己破産は同時廃止なら早ければ3カ月くらいで手続きが完了するので、転職前に借金を整理したいということならかなり魅力的な債務整理方法だと思います。ただ裁判所が免責を認めないと自己破産しても借金はなくならないので注意が必要です。

 

また自己破産すると個人再生と同じように官報に名前が掲載されてしまうので、官報をチェックしているような企業に転職することを考えているなら、自己破産したことが官報によって相手企業に知られている可能性があります。

 

ただやはり一般の企業は官報はあまりチェックしないので、官報のせいで転職活動が失敗するという可能性はそこまで大きくないと思います。

 

参照:自己破産の詳細情報

債務整理したことが転職先にバレる可能性はある?

転職債務整理バレる

 

債務整理をしたことが転職先に知られてしまうと、借金問題を抱えていたら債務整理をしたということになるので、職種によっては転職に影響が出てしまう可能性があります。

 

債務整理に関しては個人再生や自己破産は官報に名前が掲載されるので、そのことによって転職先に債務整理のことが知られてしまう可能性はありますが、官報をチェックしている企業は多くないです。具体的には信用情報機関だったり、市町村の税担当者などが見ているようです。あとは闇金業者も官報はチェックしているようです。

 

一般の企業では官報はほぼチェックしてないと思うので、官報に名前が掲載されたとしてもそこまで転職に大きな影響はないのではないかと思います。

 

それよりは信用情報がブラックになってしまう事の方が問題だと思います。

 

借金を滞納すると信用情報がブラックリストに登録されてしまいますが、債務整理をしたとしても信用情報がブラックリストに登録されることになります。信用情報がブラックだと金融業者などへの転職に影響が出そうだということは上記で説明していますが、他のもちょっとした要因で信用情報がブラックということから債務整理したことが知られる可能性があります。

 

転職後に信用情報がブラックということで債務整理のことを知られる可能性がある?

 

転職先の企業によっては経費精算のために社員用のクレジットカードを作って一括で費用管理するというところも珍しくないですが、その際に社員名義でクレジットカードを作るということになると、信用情報がブラックだとクレジットカード審査に影響が出てしまうので、そのことによって債務整理していたことが会社にバレる可能性があります。

 

こういったちょっとしたことで債務整理したことが知られてしまう可能性があるので、もしも面接の際に債務整理したことがあるかということを聞かれた場合には素直に答えておいたほうがいいと思います。とは言っても普通は債務整理の経歴を聞かれることはないと思います。

 

ただ経費のクレジットカードについても会社名義でカードを作る企業もあったりするのでケースバイケースだったりします。

 

債務整理後の信用情報に関しては5年から10年でブラックリストから削除されることになるので、ある程度の期間が経過すると債務整理したことがバレる可能性はほぼなくなります。

まとめ

転職借金返済まとめ

 

借金があることによって転職に影響が出るのは一部の職種だけなので、一般的にはそこまで大きな影響はないと思います。

 

ただ金融業で現在働いていて転職先も金融業などを検討しているなら、消費者金融やサラ金などからの借金はあらかじめ整理してから転職したほうがいいかもしれないです。

 

特に既に借金を滞納しているような状況だと信用情報がブラックになっている可能性があるので、債務整理による信用情報のブラックを気にせずに手続きすることができます。

 

しかし基本的には銀行やサラ金、カードローンなどの貸金業者や警備、法律、現金輸送、経理のような仕事でないなら、借金による転職への影響はあまり気にしなくてもいいかと思います。

 

仮に上記のような職種で債務整理を検討しているなら、自分で判断せずに、とりあえず債務整理に対応している弁護士事務所や司法書士事務所に詳しい話を聞いてみるとのいいと思います。

 

債務整理手続きは基本的に弁護士や司法書士が手続きを行うので、転職を前に債務整理についても専門家に詳しい話を聞いてから動き出した方がいいと思います。

 

当サイトでは無料相談に対応している弁護士事務所や司法書士事務所を載せているので、借金返済に困っているなら気軽に無料相談を利用するといいと思います。メールや電話で気軽に無料相談できる事務所を載せているので参考にしてください。

 

手元にお金が無くても借金返済は可能です!
借金返済のための債務整理手続きは手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな弁護士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県