闇金からの借金はなかなか完済することができない!

闇金借金返済できない

 

闇金からの借金がなかなか完済できないという話をよく聞きますが、それは単純に闇金から借金している方が経済的に追い込まれているからという理由だけではないです。

 

闇金からの借金をなかなか完済できない理由はいくつかありますが、その一つとして「普通の金融業者からお金を借りられない人が闇金から借金する」という背景があります。普通は誰でも闇金からお金を借りたくないというのが普通です。しかしそれでも借りるということは、信用情報がブラックだったりして普通の金融業者からお金を借りられないという理由があります。

 

二つ目は借金の利息が非常に高いということです。当然ですが闇金なので法定利息は守らず非常に高い利率での利息を取っていきます。一般の金融業者は利息制限法によって上限利息が決まっていますが、闇金業者はそんな利息制限はまもらないです。

 

闇金業者としては借金を完済せずに高い利息を払わせ続けたほうが稼ぎになるので、そもそも完済させにくいシステムになっているという背景があります。そのため闇金から借金をしてしまうと、いつまで経っても完済できず、ずっと利息を払い続けるということになりかねないです。

 

闇金の借金を返済できなくなり滞納するとどうなる?

闇金借金滞納

 

闇金は利息が高いのでなかなか借金を完済できないですが、その高い利率の影響で借金が雪だるま式に増えてしまって、借金の利息すら返済することができずに、借金額がとんでもないことになってしまうこともあります。

 

そうなると借金を返済することができずに滞納することになってしまいます。闇金からの借金を滞納するとどうなってしまうのでしょうか?

 

闇金からの借金を滞納するとどうなる?
  • 職場や家族に嫌がらせの電話
  • 勝手に出前を頼むなどの嫌がらせ
  • 近所に闇金を利用していることを知らせる
  • 親族に借金の肩代わりを要求する

 

職場や家族に嫌がらせの電話

 

借金を滞納すると一般の金融業者でも借金返済の督促のために電話で返済を促されることがありますが、闇金の場合は家に電話してくるだけでなく、会社にも電話してきて借金を返済するように圧力をかけてきます。

 

会社にまで電話されると、関係ない会社にまで迷惑をかけることになり、また状況によっては業務に支障が出てしまう可能性があるので、会社での立場がなくなってしまい、最終的には会社を退社せざる得なくなる可能性があります。

 

特に経理などのお金を扱う部署だったり、金融関係の仕事をしているような状況で闇金からお金を借りていることが会社に知られてしまうと、部署移動や昇進に大きな影響が出る可能性があります。

 

勝手に出前を頼むなどの嫌がらせ

 

現代では闇金の規制が厳しくなってきているので、暴力などの脅しによる取立てが難しい状況になっているので、闇金業者の取立て方法も変化してきています。

 

あからさまな暴力は使わずに「勝手に出前を頼む」などの地味な嫌がらせをしてきたりします。ただこういった嫌がらせも積もり積もれば借金返済のプレッシャーになってきます。こういった嫌がらせは一例で他にも色々な嫌がらせをしてきます。

 

近所に闇金を利用していることを知らせる

 

地味な嫌がらせの一つに「近所の人に闇金からお金を借りていることを知らせる」というものがあります。つまり家に来ての取立ての際に近所に聞こえるように借金を返済するように呼び掛けてきたり、自宅のドアに「金返せ」などの張り紙を張ったりして、近所に闇金からお金を借りていることを知らせるというものです。

 

こうした取り立てがあると近所の人にも迷惑をかけることになるので、近所の人たちの目が冷たくなり、それが借金返済のプレッシャーになっていくということです。

 

闇金はこうした他の人からのプレッシャーを利用して返済を迫るという手法を結構よく使います。

 

親族に借金の肩代わりを要求する

 

他の人を巻き込んで借金返済のプレッシャーにするのが闇金の手口ですが、その最たるものが「親に借金を返済させる」というものです。

 

本人に借金返済能力がないということなら、親に借金を肩代わりさせようということです。親からすると子供が闇金からお金を借りて追い詰められている状況だと助けざる得ないと判断する方は多いです。

 

ただ闇金から借金している本人からすると、自分だけでなく親まで返済に巻き込んでしまうというのは非常に大きな精神的負担になってしまいます。

闇金からの借金は債務整理で免除可能か?

闇金債務整理

 

闇金からの取立てが厳しくてこれ以上借金返済することが難しいという場合に、自己破産などの債務整理手続きによって闇金からの借金を免除したり減額しようと思っている方は少なくないと思います。

 

債務整理は弁護士や司法書士などの法律の専門家が手続きしてくれる借金整理手続きなので、普通の借金なら債務整理することで借金を免除したり、支払い負担を軽くすることが可能です。

 

ただ結論を言ってしまうと闇金からの借金は債務整理したとしても効果がない可能性があります。

 

債務整理は弁護士や司法書士が行う法的に認められた手続きですが、そもそも闇金は違法な存在なので、債務整理によって決まったことを守るのかという問題があります。

 

闇金は債務整理で減額が決まったとしても普通に借金の取立てを続けてきます。また債務整理手続きを行っている弁護士や司法書士も闇金からの借金には対応してないところが多いです。

 

ただ債務整理によって弁護士や司法書士が介入することによって、摘発されるリスクを考えて借金の取立てを止める闇金業者もいるので、全く効果がないというわけでもないです。しかし闇金の借金返済負担をなくすために債務整理をするというのは効果がない可能性もあるのであまりお勧めできないです。

闇金業者の見分け方とは?

闇金見分け方

 

債務整理をしたいけど、借入先が闇金業者なのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

最近は昔と違ってあからさまな闇金業者は少なくなっており、一見すると普通の金融業者ではないかという闇金業者も存在します。

 

そのため普通の金融業者からお金を借りたと思ったのに実は闇金業者だったということは普通にありえます。闇金業者なのかという不安があるなら参考にしてください。

 

闇金業者の簡単な見分け方
  • 住所や電話番号が不明確
  • 法外な利息
  • 貸金業登録されてない
  • 「誰でも融資」などの勧誘文句

 

住所や電話番号が不明確

 

一般的な金融業者なら住所や電話番号が明確なのですぐわかると思いますが、闇金は違法業者なので住所や電話番号が曖昧というケースが多いです。

 

具体的には住所はあっても私書箱だったり、電話番号が090から始まる携帯番号だったりというのが典型的なケースだと思います。

 

電話番号は特にわかりやすく、普通の金融業者なら連絡先は固定電話なので、090から始まる携帯番号が問い合わせ先だったとしたら間違いなく闇金業者だと思っていいです。

 

法外な利息

 

利息を見ると闇金かどうかがすぐにわかると思います。

 

一般的な金融業者は利息制限法によって上限利息が決まっているので、その利息上限を明らかに超えているような場合だと闇金業者の可能性が高いです。

 

簡単に上限金利を説明すると、10万円未満で年率20%、10万円以上100万円未満で年率18%、100万円以上で年率15%という感じになります。

 

この利息を超える貸し付け条件を出しているなら注意が必要です。

 

貸金業登録されてない

 

普通の貸金業者はしっかりと国から認可を受けているので、貸金業登録番号というものがあります。

 

実際に貸金業者のホームページを見るとわかりますが、「登録番号:関東財務局長(〇〇)第〇〇〇〇〇号」という感じで登録番号がどこかに載っていると思います。

 

闇金業者の場合だと国から認可を受けてないので貸金業登録番号がないです。ただ業者によっては貸金業登録番号を詐称しているケースもあるので、日本貸金業協会のHPのデータ検索で、本当に該当する金融業者なのかを確認するというのも一つの方法だと思います。

 

参照:日本貸金業協会

 

「誰でも融資」などの勧誘文句

 

闇金業者はできるだけ多くの人のお金を借りてもらいたいので、「誰でも融資」や「信用情報がブラックでもOK」など普通の金融業者ならやらないような宣伝文句でお客を集めようとします。

 

特に返済能力がないような方でも簡単にお金を貸し付けようとするので、簡単にお金が借りら得るような宣伝文句があったら注意したほうがいいと思います。

 

確かに闇金からは簡単にお金を借りることができますが、完済するのは非常に困難なので、一度借りてしまうと泥沼にハマってしまいます。

闇金からの借金の解決方法とは

闇金解決方法

 

闇金からの借金は債務整理で減額することができないですが、それならどのようにして闇金の借金問題を解決すればいいのでしょうか?

 

闇金からの借金問題解決方法は簡単にまとめると2つの方法に集約されると思います。それは「警察に相談する」と「闇金対応の弁護士・司法書士に相談する」です。

 

警察に相談する

 

闇金からの借金なら警察に相談すれば何とかしてくれるのではないかと思う方も多いと思います。闇金は犯罪なのでそれを警察が取り締まるのは当然のことだともいます。

 

ただ警察には民事不介入という原則があったり、被害届を出したとしても証拠がないと動けないという現実があります。

 

昔なら暴力による取立てによって傷害事件になり、刑事事件になることで警察は動いてくれました。しかし今はそういった暴力での取立てを行う闇金業者は少なくなってきているので、なかなか傷害事件になることはないです。

 

また警察の介入を警戒して、実店舗がない090の携帯番号だけで運営している090金融も増えているので、なかなか証拠をつかむこともできないです。

 

闇金対応の弁護士・司法書士に相談する

 

警察に相談するのも一つの方法ですが、一番確実なのは闇金対応している弁護士や司法書士に相談するという事です。

 

警察は相談しても動いてくれるかどうかはわかりませんが、弁護士や司法書士は相談すれば問題解決のために動いてくれるので頼りになると思います。

 

実際に闇金対応に力を入れている弁護士事務所や司法書士事務所はいくつかあるので、そういった対応に慣れている事務所に相談すると確実です。

 

また弁護士が介入することによって、警察の方も真剣に動いてくれる可能性があるので、実質的な成果を期待するなら弁護士や司法書士に相談するのがベストだと思います。

まとめ

闇金債務整理まとめ

 

闇金は債務整理では減額することができないですが、一般的には借金が闇金しかないということはないはずなので、闇金への対応だけではなく、それ以外の金融業者などからの借金返済も考える必要があります。

 

借金問題に関しては自分だけで悩んでいるよりは、専門家である弁護士や司法書士に相談して、どうするのがベストなのか話を聞いてみるといいと思います。

 

弁護士や司法書士への法律相談は普通なら有料ですが、債務整理を含めた借金問題に関する相談は無料で行っている事務所が多いので、相談するなら債務整理などの借金案件に力を入れている事務所に相談するといいです。

 

ただどの弁護士事務所や司法書士事務所が債務整理などの借金案件に力を入れいてるのかわからないという方も多いと思うので、下記で債務整理などの借金問題の相談におすすめな法律事務所をまとめていました。

 

無料相談をメールや電話などで気軽に利用することができる事務所をまとめているのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても借金返済は可能です!
借金返済のための債務整理手続きは手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな弁護士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士・司法書士を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県